私の見ている風景

アイドルを尊敬してやまない22歳。社会人1年目。(twitter:@tkts_0509)

やっぱり、ここが最高のエンターテイメントだ。~第9回AKB選抜総選挙で私が思うこと~

f:id:tkts0509:20170618224944j:plain

 

322人の少女達の戦いが終わった。長く熱い戦いは指原さんの史上初3連覇という結果で幕を閉じ、一夜経って、私達ファンもようやく色んな感情を落ち着けることができた。

今回の総選挙、まずタイトルが好きだった。「さあ、革命の時間だ。」「まずは戦おう!話はそれからだ。」大波乱が起きる気しかしないこのタイトルを初めて聞いたとき、久しぶりにAKBに対して「ワクワクする」という感情を抱いた。小嶋陽菜さんが卒業して、大黒柱を失ってしまったような雰囲気があったAKB。その雰囲気をぶち壊し、やっと「第二章」が始まるんじゃないか、そんな気にさせてくれるタイトルだった。

結果は、そんな勝手な私の期待を裏切らないものだったように思う。野外開催中止から始まり、圏外メンバーの大躍進、NGTの大健闘、全く新しい選抜メンバー、突然の結婚発表、そして、渡辺麻友さんの卒業発表。

結婚発表に関しては賛否両論あるだろうけれど、須藤さんにとってあの場がいちばん「正しいタイミング」だったのならそれでいいんじゃないかなとも思う。もちろん、ファンの人に、たくさんの大人達に、そしてメンバーに、大きなショックと迷惑をかけた責任は取らなければならないし、どんなに残酷な批判を受けても受け止めなければならないという十字架が彼女には課せられた。けれど、彼女には彼女なりの正義があったのなら、私達はもう何も言えないし、今後どうなっていくかただ見守るしかない。私達はいつだって、アイドルに対して無力だ。

ただ、その後の高橋朱里岡田奈々さんのスピーチには痺れた。他のメンバーが須藤さんの結婚発表に触れられない中、彼女達だけは自分が思う「正義」を語った。それはとても勇気の要る行動だったろうし、彼女達にもまた、後に周りからどんな批判をされようとも、それを受け止めなければならない責任が、あの瞬間に生まれた。彼女達は、自ら戦いのフィールドを選んだのだ。やっと長く辛い戦いが終わったと思ったら、少女達はまた戦い始める。それは目には見えない無数の敵との戦いでもあるし、自分達が信じてきたものとの戦いでもあるだろう。そこに、どうか彼女達に後悔の念を抱かせるようなものがないように願う。

そして、渡辺麻友さん。ずっとずっと、渡辺さんのことが好きでした。前田敦子さんが卒業されて以来、私の中で、総選挙は渡辺さんを1位にするためにありました。2014年、改めて結果として渡辺さんに「センター」の称号をプレゼントできたときは、やっと恩返しができたような気持ちでした。AKBがどれだけ変わろうとも、私が今日まで迷わず皆さんを応援し続けることができたのは、渡辺麻友というアイドルが、変わることなくそこにい続けてくれていたからです。グループの末っ子妹キャラから、いつの間にか、グループを背負っていかなければならないという使命を与えられた渡辺さん。その使命を全うしようと励む渡辺さんは、やはり清く正しく美しく、私達大衆に徹底的に「渡辺麻友」というアイドルを証明してくれていました。そんな渡辺さんが、先日の小嶋陽菜さんの卒業コンサート「こじまつり」の1曲目、「スカート、ひらり」で前田敦子さん、大島優子さん等と登場した際の表情を、私は忘れることができません。あなたはどこかホッとした様な表情で、会場を見渡していました。あの瞬間、私達が勝手にあなたの肩に載せていた荷物の重さを痛感しました。私達の無言の圧力が、あなたから笑顔を奪っていたことに、そのときようやく気づいたのです。「第二章」「次世代」「次のAKBの顔」。そんな勝手な虚像をあなたに無理矢理着せていたのは、他でもない、私達でした。「渡辺麻友1位に」という私達の暴走が、大好きなあなたの笑顔を奪っていたのかもしれません。昨日の総選挙、2位で名前が呼ばれた瞬間、あなたは悔しさを滲ませながらも、どこかホッとした表情を見せていたように思うのは、私だけでしょうか。卒業発表した時、そして、指原莉乃さんと抱き合った時のあなたの表情を、私は絶対忘れません。11年、走り続けてくれて本当にありがとうございました。

おぎゆかちゃんのスピーチも、樋渡さん等の個人的推しメンの感想も書きたかったけれど、時間がないので今日は割愛する。今回の総選挙、本当に、本当に、久しぶりに心の底からゾクゾクした総選挙だった。良い意味で、AKBに対して「これからどうなっていくんだろう。」と思うのはいつぶりだろう。今年、確かにAKBは変わる。そんな予感がする。AKBはやっぱり、私の中で最大のエンターテイメントだ。

 

 

5年間の集大成 Sexy Zone Tour2017 "STAGE"

「大人」って、何歳からを言うんだろう。社会人になった今でも、分からないままでいる。

小さい頃、「大人」はもっとずっと大人で、しっかりした存在なのだと思ってた。しかしいざ自分が世間一般的に「大人」と呼ばれる年齢になってみると、昔思い描いていた「大人」とはかけ離れていて、自分はいつになったら本物の「大人」になれるかと、答えを出せないままでいる。

私は今年、22歳になった。少し前までは応援するアイドルは皆年上で、格好いいと思えば素直に「イケメン!!」と言い、投げキッス等の照れくさいファンサを受けても「キャーーーーーっ!!!!」と叫ぶことができていた。けれども、大人になんかなりたくないとジタバタ抵抗する自分を嘲笑うかのようにあっという間に月日は過ぎ、最近では応援するアイドルはほとんどが年下となった。すると、こちらから彼等へ「好きだ」と伝える熱量は変わらないのに、彼等から私達へメッセージが発せられた時、それを素直に受け止めることができなくなってしまった。自分に直接向けられているわけではないとはいえ、「年下の男の子」の口から出る「愛してるよ」等のまっすぐな言葉を、我が事として受け入れて良いのは彼等よりもずっと若い女の子達の特権で、自分の様な、彼らのお姉さんとも年齢がかわらない人間が、それを真正面から受け止めるのは何だか照れくさいと感じるようになったのである。

だから、私は年下のアイドルを応援する際は、常に自分を大勢の輪の外に置き、その世界を俯瞰するように楽しむようになった。彼らが大勢の女の子達に黄色い声援を挙げさせている様子を、まるで授業参観に来た親の様に「可愛い!!」「よくできました!」「やっぱりうちの子が一番!!」と言って楽しむ。そうすることで、自分が抱く照れくささを回避すると同時に、『私は彼等より「大人」なんだ』と、「大人」になりきれない自分を無理矢理「大人」に仕立て上げていたのだと思う。

 

あの5人に対してもそうだ。

5人を初めて見た時、彼等はまだ子供だった。下は11歳から、上は17歳。当時16歳だった私から見ると、同学年の子を含め4人が年下という初めてのグループだった。そのとき私はHey!Say!JUMPのファンクラブにしか入っていなかったのだが、彼等はギリギリ全員が年上だったので、年下のグループを応援する、というのはあの5人が初めてとなった。

彼らは幼かった。背は低く、舞台経験も少なく、声変わりすらしていない。5人が5人とも、宝の地図とヒノキの棒しか持たないまま冒険の世界に飛び込んだ主人公のように、伸びしろこそあれ進み方が分からないという状況だった。グループの中での役割も、事務所の中での立ち位置も、全てが不透明。けれど、だからこそ、「何者」かになろうとがむしゃらに進み続ける彼らの姿は当時の私の胸に刺さり、親戚の子の成長を見守るような気持ちで、応援したくなった。

しばらくすると、5人はバラバラになった。5人が3人になり、残る2人も離れ離れになっての活動が始まった。目に見える格差に怒り悲しみ、離れていくファンが続出した。残された私達も、何を応援すればいいのか、どう応援すればいいのか分からない。「3人を応援することは、2人を応援しないことと同じだ!」「今の体制が続くくらいなら、もう解散してくれた方がずっといい。」ファンの中でも意見が割れ、ネットでは数々の論争が生まれた。中には、「ファンなのに、なぜそんな酷いことが言えるのか!」と厳しく批判される意見もあった。しかし、違う。そこにあったのは、ファンだからこそ、5人のことを応援しているからこそ、生まれた言葉だった。あの時、進み方が分からなくなっていたのは、私達ファンも同じだったのだ。

 

そして、2015年。彼らは5人になって帰ってきた。それまで以上の大きな夢と、強い覚悟と決意を持って。上のお兄ちゃん2人は、5人が5人であるために、お互いの存在を認め合った。離れていた下の2人は、それぞれの地で磨いてきた武器を、自分のため、5人のために使った。そして、そんな4人の姿を見た絶対エースは、グループを引っ張る存在から、4人の背中を支える存在になった。「何者」でもなかった彼等が、それぞれの役割を見つけ、1つのパーティとして再集結したのである。

そして5人は加速していく。心も体もグングン大きくなり、事務所の末っ子から、後輩達に背中を見せるグループになった。いくつもの壁を乗り越えて、彼らは今、堂々とステージに立っている。 

そして迎えた5周年ツアー「STAGE」。今回のステージは、これまでと全く違うものとなっていた。従来のように大勢のJr.をバッグに付けず、5人で1つのステージを作り上げていた。演出も、色の使い方も、全てが未経験の世界。ステージ上で堂々とパフォーマンスする彼等は、私が知っている5人とはまるで別人だった。

そんなステージで見せた、彼等の涙。辛いことばかりだったでしょう。その笑顔の裏に、何度も涙を押し殺したことでしょう。不安と、寂しさと、嫉妬が、何度君達の笑顔を奪ってきたか、私達には図り知れません。でも、これまでずっと涙は見せまいと努めてきた君達が、今回初めて、見せてくれた涙。嬉しかった。君達が、初めて私達に見せてくれた、等身大の自分自身でした。

私達は、誤解していたのかもしれません。君達はいつだって、自分達を信じて、走り続けていました。君達を信じていなかったのは、私達です。信じることが怖くなり、途中で手を放してしまいそうになっていたのは、君達じゃない。私達でした。君達はいつだって、前を向いていたのに。赤い薔薇で埋め尽くされた会場を見て、クシャっと顔を歪めた君達を見た瞬間、これまで君達が抱えていた大きな不安や苦しみを、分かっていた気になっていた自分を恥じました。大きな渦の中で、走り続けた5年間。私達が抱えていた不安なんかより、君達はもっともっと大きな不安を抱えていたのだと、今回、改めて知ることができました。

 

気付けば、君達はとっくに「大人」になっていました。高くなった背丈とは正反対に、低くなった声。そして何より、心が大きくなりました。そんな君達を見て、頼もしく思うと同時に、一抹の寂しさを抱きました。正直に言うと、できるなら、「年下の男の子」のまま、大人達に見守られたままの君達でいてほしかった。どれだけ残酷に月日が流れても、振り返れば無邪気な笑顔の君達がいてくれる。そうであってほしい、と思っていました。しかし、そんなのは、私のエゴです。君達だけは成長してほしくない、大人になんてなってほしくないなんて無責任な希望を押し付けるのは、「大人」になりきれず、しかし「子供」に戻ることもできない、私の醜いエゴでした。立ち止まっていたのは、私の方だったのです。君達を年下扱することで、まるで自分が大人になったように仕立て上げていたずるい人間が、私でした。

君達は各々のSTAGEを踏み出しました。私も、進まなければなりません。君達に、その勇気と覚悟を分けてもらったから。「大人」になった君達がこれから見せてくれる世界を、その一員となって楽しめるように。

5年間、走り続けてくれてありがとう。5人で迎える5周年のSTAGEを、心から祝福します。

 

Sexy Zone 5th Anniversary Best (初回限定盤A)(DVD付)

Sexy Zone 5th Anniversary Best (初回限定盤A)(DVD付)

 

 

アイドル好き、お家大好きマンが社会人になった

社会人になって2週間が経った。朝6時に起きて夜19時に帰宅する生活にはすっかり慣れ、今はただただ初給料日が楽しみで仕方がない。お家大好きマンである自分が週に5日も外に出ていることだけは未だに信じられないが、こうやって人は社会の一員になっていくのだと泣く泣く諦めている。稼ぐとはこういうことだ。

就職するとき、「お前に社会人は無理だ。」と色んな人から言われた。ひどい。たしかに私は集団行動が苦手だ。小さい頃から一人遊びが好きだった。今日も思いつきで一人で街をぶらつき、花見をしながら6時間歩いて帰ってきた。けれど別に寂しくはない。体力がないせいか、私は誰かと1日中ともに行動するとものすごく疲労する。半日、とか、ご飯だけ、とかは大好き。けれど、開園から閉園までディズニー♡♡♡みたいなことは本当に無理。「気遣うから疲れる」なんてたいそうな理由じゃなくて、ただただ体力がない。大学1年生の時、試に朝8時から友人3人とディズニーランドに行ったことがあるのだが、16時にはもう体が限界を超えていた。無理。辛い。歩くのも、口を開けるのも面倒になり、「実家から荷物が送られてくるから」というバレバレの嘘をついて一人帰路についた。以来その3人とは遊んでいない。

この件があってから、「私は根本的にリア充に向いていないんだ」ということが分かり、大学では1人で行動することが多かった。大学は良い。中高みたいなクラスがないし、自分で時間割を決められるから自由に生活を営むことができる。誰にも相談せずに授業を選び、受講し、テストを受けた。冒頭でお家大好きマンと述べたが、大学の授業は好きだったので全部出席した。おかけで4年間無遅刻無欠席。ちなみに小学校のときからずっとである。友人に言ったら「変態」と言われた。

ここまで読むと「こいつやばい奴じゃん」と思われるかもしれないが、ちゃんと友達はいる。こんな私に優しくしてくれる、とても良い人達ばかりである。一応恋人もいたことはある。こんな私のことを好きと言ってくれた、とても寛大な人達だった。

ただ、こんなにも周りの人に恵まれた人生なのに、誰かと四六時中一緒にいるということは本当に無理。上述した様に、自分の体力の無さ故。できるなら部屋着で一日中ゴロゴロしながら、アイドルのDVDを観ていたい。外に出るのはスーパーに行くときと薬局に行くときだけでいい。友達とも、恋人とも、可能なら家で会いたい。わざわざ外に出たのにカフェの堅い椅子に座ってずっとおしゃべりする位なら、家の床に寝転んで天井を見つめながら電話で話す方が何十倍もマシだ、と思う。やっぱり私は頭がおかしいんだろうか。

こんな性格だから、就職をすると言った時の周囲の驚きようはすごかった。しかも勤め先がまた集団行動を避けられないような職種だったから、余計に心配された。「1年もつの?」と言われた時は自分のイメージのやばさに少々落ち込んだ。

たしかにこんな自分が9時から17時まで誰かと行動を共にして、社会に貢献していくなんて立派なことができるのかとは思ったが、とりあえず入社式は逃げなかった。ただし、式典中は全部寝た。言わずもがな、朝の満員電車でHPが根こそぎもっていかれた故。さらに最後の社長のお言葉の最中にはボロボロ泣いた。あぁ本当に学生終わっちゃったんだな、って実感して泣いた。卒業式も泣かなかったのに。失った学生証の代わりに手に入れた名刺には、偉そうな自分の新しい肩書が書いてある。この名刺は私を何者からも守ってくれない。高い大人料金からも、振りかざされる社会的責任とやらからも。自分の居場所がちょっと変わっただけで、急に世界から除外されてしまった気分である。卒業式では卒業証書を受け取るために学生証を手放したが、入社式で名刺という新たな自己証明書を手にする代わりに自由というかけがえのない代価を支払った。釣り合わないだろ。等価交換になってないだろ。重すぎるよ、自由。

入社後さっそく、研修というジャングルに放り込まれた。そこはもうサバイバル。また見知らぬ人との「初めまして」の始まりだ。しかも同期は何百人もいるので当然言葉を交わした全員の名前と顔なんて覚えられない。果てしない。そして、また一から自分を知ってもらうという作業をするのもしんどい。「集団行動が苦手です。」なんて口が裂けても言えないし、初めましての人達に「アイドルが好きです。」って言うのも割と勇気が要る。今のところみなさん優しく「誰が好きなの?」「私●●のコンサートなら行ったことあるよ!」と話しかけてくれるけれど、内心どう思ってるんだろうなんて窺ってしまう。性悪説で生きている私の悪い癖である。

研修で最も辛かった講義はビジネスマナーだった。男女で教室が分けられ、名刺交換の仕方や社会人としての文書の作り方を学んだのだが、一番辛かったのは「お辞儀の仕方」。これを研修で学ぶ必要はもちろんあるとは思うのだけれど、「1人ひとり前に出てやってみてください」と講師の人に言われた時は「それ要る!?」と思った。何百人が見ている前で1人、「おはようございます!」「ありがとうございます!」と頭を下げている光景は異様だとしか思えなくて、このときばかりは「社会人辞めたい」と思った。

それでも、稼ぐためには働かなければならない。自由という時間を捧げ、労働という対価を払ってやっとお金がもらえるのだ。現実は厳しい。貢ぐためには稼がなければ。

2週間経って、新生活のリズムには慣れた。ただ環境の変化に対するストレスが半端ではなくて、金曜日は泥のように眠っている。選んだのは自分だが、一人暮らしの新社会人生活はやはりしんどい。スーツの洗濯が間に合わない。ご飯を炊くのが面倒くさい。正直、HP100くらいしか持たない自分にとって今が人生で一番ピークな時期だと思う。だが、お金がもらえるのだと思うと乗り越えられる。まだ月末ではないのでもちろん初任給は振り込まれていないのだが、もうすぐまとまったお金が手に入ると思うとついつい浮足立ってしまう。
今日もDVD2本と気になっていた化粧品を買ってしまった。DVDは以下の2本。

 

 私が研修という名のサバゲ―に放り込まれている間に、多くのアイドルが大きな決断をしていた。今泉唯さんの当面の活動停止。上西恵さん、薮下柊さん、藤江れいなさんの卒業コンサート木崎ゆりあさん、田名部生来さんの卒業発表。武藤十夢さん、山本彩さん、柏木由紀さんの総選挙辞退。そしてもう少ししたら、゜C-ute解散ライブが控えている。アイドルの命は儚い。自らの人生をかけて、私達に夢を見せてくれる。そしてそれは、永遠じゃない。だからこそ、私達ファンはその一瞬一瞬を全力で受け止め、目に焼き付けておかなければならない。上述した皆さんの発表を聞いたとき、そんなことを思った。そこで購入したいと思ったのが、この2本。アイドルとして完璧で、私達に夢の名残を置いて去っていったみるきーさんの全てが詰め込まれた1本。そしてもう1本が、タイトルのフリに逆らって誰も卒業発表をしなかったというとても心臓に優しかったコンサート。48Gに関して、最近、コンサート等のイベントがある度に誰かが卒業発表するというのが恒例になってきている気がする。もちろん話題になるし、どこで発表するかなんてご本人の自由だ。けれど、ライブに参戦できる喜びと同時に「今回は誰が何を発表するのか」という不安を抱えるのはあまり好きではない。何の不安も抱えず、昔みたいに、胸の内をワクワクだけでいっぱいにできるコンサートに浸りたい。そう思い、購入した1本である。

ちなみに購入した化粧品はこれ。イブサンローランのこの下地とめっっっっっちゃくちゃ悩んだが、自分の肌の色と相性とを考慮してこちらにした。プライマー、下地、ファンデーションの全ての要素が含まれており、これからの季節の強い味方になってくれることを期待したい。

 

 あと、購入したがまだ開封できていないCDがこちら。開ける前にMステやSONGSを観てしまったが、いつものように私達の予想を遥かに上回ってくる彼女達のパフォーマンスを観るのがとても楽しみ。

不協和音(TYPE-A)(DVD付)

不協和音(TYPE-A)(DVD付)

 

 

不協和音(TYPE-C)(DVD付)

不協和音(TYPE-C)(DVD付)

 
不協和音(TYPE-D)(DVD付)

不協和音(TYPE-D)(DVD付)

 

 
ブログを書いていたらもう土曜日が終わろうとしている。働き始めて、時間の貴重さを改めて実感した。時間があるうちに、やりたいことはやらねば。社会人1発目のブログ、とりあえず書けて良かった。また来週書けるといいな。

 

ではまた。